中古アルファードの弱点を知って賢く購入する5つのポイント

http://carassess.info/
力強いデザインと高級感あふれるインテリアが魅力的なトヨタの最高級ミニバン『アルファード』

もしあなたがアルファードの中古車を検討されているなら『中古車の弱点』を知らないと、購入した後に損をして後悔してしまう可能性があるのです!

後悔しない為にも今回は、中古車屋さんでも教えてくれない「アルファードの弱点や中古車の特徴」をお伝えします。

中古アルファードの弱点を知って賢く購入する5つのポイント


ポイント1:アルファードに潜む危険な不具合に注意!


アルファードは生産されている中で、過去に少なくとも4件のリコールを国土交通省へ届出ています。リコールの中には最悪、負傷や事故に関係する非常に怖い不具合や故障もありました!

リコールは本来、修理しないと車検に通りませんが、見逃されている場合も十分にありますので、あなたが目をつけたアルファードもリコール対象の車両ではないか、販売店側に修理や部品交換など措置をとっているのかを確認をしてください。とくに対象車両の多いリコールは要注意です!

アルファードの主なリコール

2015年1月に生産されたアルファードでは、ABS装置の形状が不適切なことで異物が入り込んでしまい、急ブレーキ時にABSが正常に動作しない危険性があるとしてリコールを発表しており、対象車両はヴェルファイアと合わせて約400台となっています!
2003年7月~2008年3月の間に生産されたアルファードハイブリッドでは、電動ウォーターポンプという部品の構造に不具合があることから、電動ウォーターポンプが故障してしまい走行不能になる危険性があるとしてリコールを発表しており、対象車両は約6000台となっています!
2004年1月~2007年3月の間に生産されたアルファードでは、助手席のエアバックを展開させる拡張装置に不具合があるため、事故などで車をぶつけた際にエアバックが正常に展開しない危険性があるとしてリコールを発表しており、人気車ゆえに対象車両は、なんと20万台を超えています!

ポイント2:リコール・改善対策・サービスキャンペーンの違いとは?


実はメーカー側の設計ミスである

1 リコール
2 改善対策
3 サービスキャンペーン

などは、上から順に重要度が変わってきます。

ポイント1の章でもお伝えした通り、リコールは修理しないと車検に通りませんが、改善措置やサービスキャンペーンは修理しなくても車検に通ります。
※残念な事に、アルファードは改善対策やサービスキャンペーンの届出も少なくありません。

中古とはいえ車を購入することは一生に何度もない高い買い物ですので、購入したからには安全に、そして快適に車に乗りたいものですよね?

是非リコールと合わせて、改善対策やサービスキャンペーンの措置をとったのかを確認しましょう。

1 リコール
設計上のミスや部品の不具合などが原因で、公道を走行する為の保安基準に適していない状態や適さなくなる恐れがある状態で、乗り続けると重大な事故や故障などのトラブルに繋がる危険性があります。
2 改善対策
保安基準などの規定はありませんが、メーカー側が安全上見逃すことができないと判断した場合には必要な措置をとります。
3 サービスキャンペーン
不具合が原因で事故や故障にはつながらず、品質上の問題で車両を使用する際に、使いづらくなったりなど、不快な思いをする可能性がある事です。

ポイント3:中古車でよくある故障を把握して保証内容を確認しよう


中古のアルファードを選ぶ上でもう一つの重要なポイントが、保証の有無と、保証の内容を確認することです。

アルファードに限らず中古車は年数や走行距離に応じて、いつ故障するのかわからない高額部品が数多く存在します。また過去のオーナーがどのように車を扱い、運転していたのか細かな情報を把握するのは難しい為、保証はとても大事になってきます。

保証の内容は中古車販売店によって様々です。もし保証が付いていたとしても故障の状況によっては保証が使えないこともありますので、ムダな出費を無くすためにも保証の内容にも注目しながら中古車を選びましょう。

中古車でよくある故障の一例です。他にも故障は様々ありますが、高額修理の恐れがある故障をえらびました。保証の内容と共に参考にしてください。

・セルモ-ター(エンジンスタ-ター)
・エアコンのコンプレッサー
・オルタネーター(発電装置)
・オートマのミッション


ポイント4:故障が避けられない!?アルファードでよくある故障とは


ポイント3の章でお伝えした故障の中でも特に高額修理になる部品があります!

中古のアルファードで高額な修理費用になる部品とは『エアコンのコンプレッサー』で、その修理費用は、なんと10万円以上にもなります!

アルファードを含めガソリン車は、エンジンの動力でエアコンのコンプレッサーを動かし、冷気を車内に送っています。実はこのコンプレッサーは、年数や走行距離などでオイルの潤滑性が失われ、どうしても劣化してしまいます。

( 劣化したコンプレッサーは、摺動部が摩擦で熱をおこし、膨張して動かなくなってしまいます。この事を【焼き付き】や【ロック】と表現します)

そのため、いつ壊れるのか分かりません!最悪、アルファードを購入した直後にコンプレッサーが壊れる可能性だって十分にあるのです!!

残念な事に、コンプレッサーを交換する時には、高圧・低圧ホースなどの関連パーツも同時に交換しないといけないため、関連する部品代、工賃代を含めますと10万円以上の高額修理になってしまいます!

(リビドル品『中古部品を修理して組み直した部品』なら、もう少し費用をおさえられますが、すぐに不具合が再発してしまうリスクがあります!)

後悔しない為にも、保証の適用範囲や保証期間も販売店側としっかりと確認し、納得した上で購入しましょう。


ポイント5:品質の良いアルファードをお得に購入するには?


せっかく購入するからには走行距離が少なく、状態の良いアルファードが欲しいですよね?しかし人気車ゆえに、状態が良く走行距離が少ないアルファードは驚くほどの価格になっている事も珍しくありませんし、値引きをしても中古車ゆえに数万円が限界です!

では価格が低い過走行車を選ぶしかないのか??実は、値引き以上に購入価格を大幅に下げる方法があります!

購入価格を大幅に下げる方法とは、いま乗っている車の本当の価値を知って高く売却することです!

ですが私たち素人には、愛車の価値を把握できるのは難しく『古い車だし、走行距離も多いから値段がついたら良いかなぁ』なんて思ってしまい、本当の価値を見落としがちになります。

あわせて販売店側からも『購入してもらえたらプラス◯万円で下取りさせて頂きますよ♪』なんて言われたら思わずOKしてしまいがちですが…

実はそこが落とし穴で、そのまま下取りさせたら自分から品質が良くて低走行なアルファードを購入するチャンスを逃している事になってしまいます!愛車の『本当の価値』を知る事で、より高く売ることができ、アルファードの購入資金にあてる事ができますよね♪

愛車の本当の価値を知る方法はとても簡単で『インターネットの無料一括査定』を利用するだけです。

販売店やディーラーの下取り価格と、インターネットの無料一括査定では大きく値段が変わってきますので、本当に購入したいアルファードをお得にする為にも、まずは愛車の本当の価値を確認してはいかがでしょうか?

楽々30秒で入力完了♪♪無料で愛車の本当の価格がわかる一括査定はこちら

 

ここまでアルファードの弱点を知って賢く購入するポイントをお伝えしましたが、いかがでしたか?中古車にしても車を購入するのは高い買い物ですよね?それゆえ判断するのは難しく、決断する勇気が必要になってきます。

ですが、判断出来る材料があれば冷静に物事を見極める事もできますし、購入するアルファードの選択枠も広がるはずです。

是非1~5章を活用して、あなたも快適なカーライフをお過ごしください♪

まとめ

中古車屋さんでも教えてくれない中古アルファードの購入ポイント!

リコール対策の確認!
サービスキャンペーン対策の確認も忘れずに!
保証内容、補償範囲を確実に確認!
愛車の本当の価値を調べる大切さ!
本当に欲しいアルファードを選ぼう♪

Copyright (C) 2016-2017 carassess.info All Rights Reserved.