レガシィを中古で検討中の方必見!購入する前に知りたいポイント5つ

http://carassess.info/
近年、技術力の高さと堅実な車造りで世界的にも高い評価を得ているスバル。そんなスバルのフラッグシップモデル(看板車)として、特に人気の高い車がレガシィです。高い走行性能と利便性を併せ持つレガシィは、国内だけでなく世界中を魅了し多くのファンを集めました。

では、一体レガシィの何がこれほどまでに多くの人の支持を得て、世界的にも知られる車となったのでしょうか?

今回は、そんなレガシィの魅力とオススメしたい中古車種を、たっぷりとお伝えします♪

レガシィを中古で検討中の方必見!購入する前に知りたいポイント5つ


ポイント1:スバルを支える屋台骨!レガシィの輝かしい歴史と歩み


レガシィは1989年に販売が開始されて以来、高い走行性能と実用性を兼ね備えたスバルのフラッグシップ車として、多くの人々に愛されてきました。25年以上続く歴史の中で、レガシィを象徴するような輝かしい記録をいくつも打ち立たてています。

その一つが、初代レガシィセダン(BC型)が樹立した「10万キロ連続走行の平均速度 223.345km/h」と言う当時の国際記録です。この記録によりレガシィの持つ高い走行性能と耐久性を世間に知らしめる事となったのです!

二代目ワゴン(BG型)ではアメリカのユタ州で行われたテストで「市販ワゴン世界最高速度(平均速度249.981km/h)」を樹立しました。

更に三代目ワゴン(BH型)もそれに続き、「ステーションワゴン多量生産車無改造部門」にて世界最高速度(平均速度270.532km/h)を記録するなど、日本を代表する高性能車として世界に知られる事となりました!

また「1998-1999 RJCカーオブザイヤー」を受賞する他、ステーションワゴンの人気ランキングでは常に上位にランクインするなど、レガシィはスバルを支える人気車となったのです♪


ポイント2:あなたはどっち!?実用的なワゴンとスタイリッシュなセダン


ステーションワゴンの世界が確立されたのはレガシィのおかげと言っても過言ではない程、このジャンルの立役者となっている車です。

レガシィにはセダンタイプもありますが、「レガシィ=ワゴン」のイメージが強く、販売比率を比べても圧倒的にワゴンの方が高い事も特徴です。

ステーションワゴンの最大のメリットは走行性能の高さと実用性の両立と言えます。セダンと変わらない、走りに拘った構造で高い運動性能を持ちつつも、室内空間(特に荷室空間)を犠牲にしないスタイリングがステーションワゴンの魅力です。

荷物をたくさん積んでの長距離のドライブや、高速道路を走る機会が多い人には特におすすめです!他の背の高いワゴン車やミニバンより、数段上の安定した走りを味わう事がでますよ♪

一方セダンにも独自の魅力が沢山あります!

ワゴンよりも軽量なボディがもたらす軽快なフットワークやセダンならではの流麗なスタイリング、プライバシーが守られる独立したトランクルームなどはセダンならではの大きな魅力です♪

ご自信のライフスタイルや好みに合わせてボディタイプが選べるのもレガシィならではの嬉しいポイントですね!


ポイント3:格上の車がライバル!?レガシィの性能の高さ!


レガシィの最大の魅力と言えば、やはりその走行性能の高さが挙げられます。初代レガシィではWRC(世界ラリー選手権)に参戦し、優勝を飾った事もある程、高いポテンシャルを秘めた車なのです!

レガシィはライバルとして価格帯が上の高級セダンやスポーツカーと比較される事も多いのですが、全く引けを取らないほど高い走行性能を誇っています。

そんなレガシィの高い走行性能の秘密は、スバルならではの「水平対向エンジン」と「AWD(全輪駆動)」の二つの技術で成り立っています。

心臓部である水平対向エンジンは他のエンジンと比べ、重心が低いと言う特徴があります。重量物であるエンジンの重心が下がれば車全体の重心も自ずと低くなり、運動性能の向上に大きく貢献します。

更に独自のAWDシステムは高速域やコーナリングの最中、悪路などでも安定した走りを実現し、「乗用4WDのパイオニア」と呼ばれるスバルの真骨頂を存分に発揮します。

これらの機構が他のメーカーの車には無い、レガシィの高性能を生み出す最大の武器なのです!


ポイント4:新車とはここが違う!レガシィは中古がおすすめ♪


走行性能やボディタイプが選べるなど、魅力たっぷりのレガシィですが、実は中古で購入するメリットが大きい車なのです!

理由の一つとして、現行のレガシィ(BN型)ではボディサイズが拡大していることです。これまでのレガシィに比べて、全幅だけ見ても1840mmと日本車としては大きな部類に入ります。

ボディサイズを拡大した背景には、販売が好調な北米に向けて車のコンセプトをシフトしているからなのですが、狭い道や限られた駐車スペースが多い日本では、どうしても不便を感じてしまう場面は少なくありません。

つまり中古車で購入する事で、日本の道にもマッチしたボディサイズのレガシィを手に入れる事ができるのです♪

もう一つの大きな理由は、現行レガシィのワゴンの廃止です!これまでセダンよりも人気の高かったワゴンですが、残念な事に新車で購入する事ができなくなったのです。

ワゴンが欲しい人は中古でしか手に入れる事しかできない事も、レガシィを中古での購入をおすすめしたい大きな理由の一つになっています。


ポイント5:ずばりこれ!名車レガシィのおすすめ中古モデル


多く日人に愛され、25年以上続いたレガシィの中でも特におすすめのモデルとは・・・?

ずばり「4代目(2003年~2009年)のレガシィワゴン」です!

この代からレガシィは3ナンバーサイズとなり、先代モデルと比べ居住性が大きく向上しました。ボディサイズが拡張したにも関わらず、最小回転半径は5.6mから5.4mとなり、取り回し性はむしろ良くなっているのです!

更に、車両重量も同じワゴン同士で比べても50kg以上軽くなり、運動性能や燃費の向上が図られており、4代目レガシィは先代モデルから大きく生まれ変わっています!
(ボディサイズが大きくなったのに、重量が軽くなるのは珍しい事ですよ♪)

4代目レガシィはファンの間でも名高いモデルで、多くの人の支持を集めた名モデルなのです!その分、中古車市場でも多くの数が流通しているため、比較的価格が安定している他、良い状態の個体を見つけやすい事も、おすすめしたい理由の一つです!

また、使用用途やデザインの好みによってワゴン派とセダン派に分かれますが、レガシィは圧倒的にワゴンの人気が高く、中古車の流通数が多いのもワゴンであるため、お得に購入する事ができるのです♪

 
 

ここまでいくつかレガシィの特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたか?実用的な高性能車として、世界中に多くのファンを集めるレガシィ。「車は単なる移動の道具ではない!」と訴えかけるようなレガシィの走りは、運転の楽しさを存分に味わわせてくれます!

そんなコダワリの詰まった名車レガシィを是非手に入れてみませんか?レガシィと一緒に楽しいカーライフを満喫しましょう♪

まとめ

レガシィを中古で検討中の方必見!購入する前に知りたいポイント5つ

ポイント1:スバルを支える屋台骨!レガシィの輝かしい歴史と歩み
ポイント2:あなたはどっち!?実用的なワゴンとスタイリッシュなセダン
ポイント3:格上の車がライバル!?レガシィの性能の高さ!
ポイント4:新車とはここが違う!レガシィは中古がおすすめ♪
ポイント5:ずばりこれ!名車レガシィのおすすめ中古モデル

Copyright (C) 2016-2017 carassess.info All Rights Reserved.