N-BOXを中古で検討中の方必見!購入する前に知りたい魅力5つ

http://carassess.info/
経済性と実用性の高さで、多くの支持を集める軽自動車の中でも、近年特に高い人気を誇るのが「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるクラスの車です。このクラスの車は軽自動車とは思えない、広い室内空間が最大の特徴ですね。

強力なライバル達がひしめく激戦区となっているこのクラスに、ホンダが満を持して投入した車が『N-BOX』です。

このホンダから登場した新型の軽自動車N-BOXは、特徴的なルックスと豪華装備が大きな話題となり、瞬く間に多くの台数が販売される大ヒット車となりました!

多くの人を魅了し続けているホンダのN-BOXについて、その魅力と中古車で購入するポイントをたっぷりとお伝えします♪

N-BOXを中古で検討中の方必見!購入する前に知りたい5つの魅力


魅力1:ホンダを代表する軽自動車!N-BOXってどんな車?


先ほどもご紹介したようにN-BOXが属するスーパーハイトクラスは、ダイハツのタントやスズキのスペーシアと言った、軽自動車の中でも人気車種が集まる激戦区となっているジャンルです。

このクラスに他社よりも遅い参入となったホンダでしたが、後発ならではの機能や装備の充実に加え、新たに開発されたエンジンや変速機、新設計のシャシやエンジンを搭載したN-BOXの完成度は非常に高く、ダイハツ・スズキの軽自動車界のニ強を打ち崩す大ヒット車となったのです!

その後もN-BOXは多くの支持を集め、2016年には軽自動車の新車販売台数で一位を獲得し(総合でもプリウスに次いで二位の好成績!)、
2011年の誕生から6年経った今でも人気の衰えない、まさにホンダの軽自動車を代表する名車ですね♪

そんな大ヒット車ゆえ、中古車市場でも多くの台数が流通しておりカラーやグレードなど自分好みの個体を探しやすい事もN-BOXの嬉しいポイントです!


魅力2:軽自動車とは思えない!?N-BOXの広さの秘密とは?


N-BOXと言えば、軽自動車離れした室内空間の広さが特徴ですね。

その広大な室内空は、ホンダならではの「センタータンクレイアウト」と呼ばれる独自の構造が関係しています。

センタータンクレイアウトとは、車の部品の中でも特に大きなスペースを必要とする燃料タンクを、前席下にレイアウトする構造の事であり(一般的には後部座席付近に設置される)ライバル車以上の低いフロア面(床面)や後席・荷室周辺の空間の増大を実現しています。

また、エンジンルームをできる限り省スペース化し、その分室内の長さを延長(2mを超える室内長!)するなど、様々な手法を駆使する事で、軽自動車の枠を超えた広い室内空間を実現しています。

この広さこそが中古市場でも高い人気を誇るN-BOXの大きなの魅力の一つとなっているのです♪


魅力3:実用的!使い勝手の良い室内空間!


その広い室内空間が最大の特徴であるN-BOXですが、ただ広いだけではなくユーザー目線に立った使い勝手の良さもN-BOXの魅力の一つです。

中でも、先ほどご紹介したセンタータンクレイアウトが生み出す、ゆとりある後席周りにより実現した「跳ね上げ式のリアシート」は、後部座席の座面を跳ね上げる事で後部へ広大で使い勝手の良い空間が現れます。

これにより、リアゲートを開けずともスライドドアからベビーカーなどの大きな荷物を室内へ収納する事が可能となり、特に小さい子供のいる主婦層に高い支持を集めました!

また、小物入れや買い物袋などの荷物を掛けるフックを装備し、収納面の充実が図られている他、スムーズな乗降や重たい荷物の出し入れに役立つ開口部の低床化など、「広さ×使い勝手」を高いレベルで実現しており、買い物や送り迎えの為のセカンドカーや、子供が生まれ広くて使いやすい中古の軽自動車が欲しいといったユーザーには特におすすめの車ですよ♪


魅力4:何が違う?N-BOXのもう一つの顔!


N-BOXにはもう一つ、「N-BOX+(エヌボックスプラス)」という派生車種が存在します。このN-BOX+最大の特徴は、低く掘り下げられたトランクルームの床面です。

これにより、リアゲートの開口部から地面までの高さが33cmとなり、地面のギリギリの高さに設定されています。元になるN-BOXの一番ゲート開口部が低いモデルが48cmである事を考えると驚異的な数字ですね!

オプションのスロープを装着すれば、自転車などの大きくて重い物も楽に積み込む事ができますよ♪更に広い荷室を上下二段に分けるマルチボードにより収納面での向上や、耐荷重が200kgと丈夫な為ボードの上をベッドとして使う事も可能です。

このようにN-BOX+は荷室空間を広く実現しているモデルであり、反対に後部座席付近はベースのN-BOXの方がゆとりある空間を確保しているのです。後ろに人を乗せる事が多い人はN-BOX、荷物を沢山積む人はN-BOX+といった使い分けがおすすめですね。

また、N-BOXとN-BOX+の両方に「カスタム」というモデルがそれぞれ存在しています。このカスタムは基本の性能は同じですが、専用の内外装パーツの装着によって、よりスタイリッシュで若者向けのデザインとなっており、大きく分けてこの4つのモデルが存在します。

使用用途や見た目の好みで、自分にあったN-BOXを選びましょう。
特にN-BOXとN-BOX+は(それぞれのカスタム同士も)見た目がそっくりなので、中古で購入する際には間違わないよう注意が必要ですね。


魅力5:抑えるポインはココ!失敗しない中古N-BOX選び


室内は広く、機能や装備も申し分無い人気車であるN-BOX♪そんなN-BOXを中古で購入する際のポイントをご紹介します!

まずはターボ付きモデルをオススメします。広い室内空間と充実した機能・装備が搭載されるN-BOXは、どうしても車体が重たくなってしまいます。人や荷物をたくさん載せる場合にパワー不足を感じてしまう事もあるため、ターボの力が必要なのです!

幹線道路や高速の合流などでも、ストレスや不安を感じる事なく運転する事ができますよ♪

二つ目のポイントは、リアシートにスライド機能が装着されていないモデルの存在です。

N-BOXは誕生当初リアシートにスライド機能が装着されていませんでした。後部の空間を効率良く使うためのスライド機能は非常に便利ですが、N-BOXにスライドシートが設定(メーカーオプション)されたのは、2015以降のモデルです。人気もあり必然的に高年式となる為、中古販売価格も高くなってしまいます。

ですが、裏を返せばスライド機能が無く年式の縛りのない以前のモデルであれば、価格を抑えられるとも言えるので、必要性と予算を踏まえて車体選びをしましょう。

 
 

ここまでいくつかN-BOXの特徴をご紹介してきましがいかがでしたか?今や国内で保有される車の内、三台に一台以上の割合を占める程多くの支持を集める軽自動車。

そんな激戦区の中、2016年に最も多く販売された軽自動車となったN-BOXは、広い室内と充実した装備でメインカーとしても申し分無く、豪華な内外装と高い実用性で上質なセカンドカーにも適した、あらゆるニーズにマッチする万能選手なのです!

あなたもそんな魅力たっぷりの人気車種N-BOXを是非手に入れてみませんか♪

まとめ

N-BOXを中古で検討中の方必見!購入する前に知りたい魅力5つ

魅力1:ホンダを代表する軽自動車!N-BOXってどんな車?
魅力2:軽自動車とは思えない!?N-BOXの広さの秘密とは?
魅力3:実用的!使い勝手の良い室内空間!
魅力4:何が違う?N-BOXのもう一つの顔!
魅力5:抑えるポインはココ!失敗しない中古N-BOX選び

Copyright (C) 2016-2017 carassess.info All Rights Reserved.